art-life wearch cafe

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

風器  FU-KI



a0259958_7264972.jpg




伊賀の造形作家、大平和正(おおひら かずまさ)先生の展覧を開催しています。


【風器】 FU-KI

と名付けられた作品が、約110点展示。

‘大地の記憶’ が感じられる作品展です。



a0259958_7311067.jpg


a0259958_731035.jpg


a0259958_73231.jpg



知り合いから届いた、一枚の案内状。
『風還元』 というテーマの、壮大な野外美術展。

伊賀・入道谷の自然と、そこに佇む彫刻との共鳴からなる環境造化を表現した、
大規模なプロジェクトだった。

DMを見ただけで、ぞくぞくした。

2001年に行われたその展覧は、
残念ながら観る事が出来なかったが、
ずっと心の中で好奇心が燻っていた。

それから8年。
思い切って、工房を訪ねた。

美術展の写真を拝見しながら、
先生の話を伺い、
想像する。

降り積もる雪も忘れて、
私の心は、『風還元』へとワープして行った。

来年 2013年、
実現化を見据えた、3.8mの巨大球体プロジェクト。

更に大きな夢へと向かう先生のスピリッツに、感動した。

そんな私へ、エールの手を差し伸べてくれた。


今年9月、造形作品展 『WEARCHの造化展』を
網干の古民家で、開催して下さる事になった。

先駆けて、生活空間で活きる 【風器】 風の器を
アトリエ・ギャラリーにて展覧します。

花、料理を自然の万物の様に受け止めてくれる、うつわ。


「大地の記憶」 が感じられる器です。



a0259958_750333.jpg



大平和正 公式ホームページ

http://ohirakazumasa.web.fc2.com/



【風 FU-KI 器】

伊賀:造形作家  大平和正 Kazumasa.OHIRA

2012.7.14(土)~7.22(日) 
am11:00~pm6:00

アトリエ・ギャラリー 【集】 シュウ

兵庫県高砂市米田町
連絡先:090-1480-4270
[PR]
by gshu-gwearch8 | 2012-07-21 07:56

民芸のチカラ



a0259958_8141348.jpg




会期中、二度も台風にさらされ、梅雨の真っ唯中での展覧会となりました。

会場は、いつも季節の花々で彩られ、
梅雨のじめじめした空気を清浄するかの様に、
私達の心を爽やかにしてくれました。



a0259958_8153140.jpg

a0259958_816633.jpg

a0259958_8162945.jpg
a0259958_816539.jpg



この度の展覧会は、
地元倉敷の町を愛する二人の陶芸家の作品を通して、
民芸の力、工芸の魅力をご紹介する展示を行いました。

酒津焼の岡研作さん、
黒備前の篠原紅陽さん。

作品を通じて、お二人が、とても倉敷の地を愛してらっしゃることが伝わります。


倉敷といえば、【民芸】が息づく土地、というイメージがあります。
そして、工芸の香りが醸し出す町、という印象を感じます。


民芸の美しさを世の中に広め、その価値を見出した柳宗悦。
民芸運動の先駆者であった彼を、スポンサーとして支えたのが、
大原美術館の創設者、大原孫三郎でした。
柳宗悦と交流を深め、孫三郎自身も民芸品を集収しました。
日本初の民藝館となった日本民芸館は、大原氏の援助により、創設されました。
そして、倉敷美観地区にも倉敷民藝館が建てられ、
柳宗悦と共に、民芸運動を支えました。

柳に賛同した、名工達。
濱田庄司、富本憲吉、河井寛次郎、そしてバーナードリーチ。
日本各地の窯元を訪ね、その地に息づく民芸のチカラを見出し、
時には指導を行い、美意識を高めました。

倉敷は、幕府の直轄ではなく、天領とされていたそうです。
文化に対する意識の高さは、そうした歴史の楚から育まれたのかも知れません。


倉敷民芸の酒津焼。
父子相伝受け継ぐ、岡本研作さんが、私達に話して下さいました。



民芸とは、
柳宗悦が見出した、あの時代の民芸品を捉えて言われることが多いけれど、
そうではなく、
民芸は、その時代、時代の中で、ずーっと受け継がれており、
今も、産み出され続けているのですよ。

変わることなく、【用の美】としてあり続けること。
デザインや個性の前に、モノとしてスタンダードな美しさを保ち続けること。
時代の変化に大きく左右されるのではなく、
いつの時代にも通用する、【用の美】を醸し続けること。

それは、作家としてモノを表現することと、相反する部分でもあります。
民芸としての酒津焼を継承し続けながら、
六代目窯元としての、‘自身の作品’と認められる作品を作ること、
これが、課題でもあり、使命だと思っているんです。
ただ、個性を表現すればいい、というだけではなくね。
難しいですけれど・・・・・。



普段は寡黙な岡本さんが、ポロっと、お話して下さいました。


いつもは、現代工芸を見て下さっているお客様達が、
楽しそうに、作品を選んでいる様を見て、
日本人としての遺伝子の中に、
民芸に対する造詣の意が、
やはりちゃんと育まれているんだ・・・
ということに、気付かされました。



a0259958_844962.jpg


a0259958_8444693.jpg



会期中、
篠原さんの湯呑で、お茶やコーヒーを味わって頂き、
岡本さんの抹茶碗で、先生自ら点てて下さったお抹茶を頂き、
民芸の良さを、私達に教えて下さいました。


そして、台風の最中、訪ねて来て下さったお客様。

‘集’は、こんな素敵な方達に支えられて、

感謝の念に堪えません。



暑さが増す中、
お花の世話や、花材を切らすことなく
会場をいつも華やかに演出し続けて下さった、
久美子先生と、君子先生。


みなさんに、感謝を☆



a0259958_8501894.jpg

[PR]
by gshu-gwearch8 | 2012-07-20 08:52