art-life wearch cafe

風と大地の器  2014



a0259958_22205313.jpg



KAZUHIKO.KUDOU



北海道の広大な牧草地に一人、
スコップ片手に土を掘る。
この大地を支えるのは、
貿易風に乗ってやって来た、
二億年前の黄砂の地層。

土を求めて移住してきた青年の手により、
初めて古の時を放たれる。
手な付け難い土との格闘も、
今では至福の時間。
大陸の風を吸い込み海を渡った太古の土。
大地を感じさせてくれる。

優しく柔らかな黄色い色は、
どんな食材をも受け止め、
穏やかに包み込む。
黄砂の成せる技に、【黄粉引】と名付けた。
伐採されたシラカバの灰を使い器にした【シラカバホワイト】。
森の緑を表現した【緑粉引】。
どれも自然が創造したうつわ。

蹴ロクロの表情と焼の力強さを花器に託し、
花の生命観を包み込みたい。
想いは、果てしなく広がる。
優しさの中に秘める力強さ。


工藤さんの笑顔と共に、お届けしたいと思います。


gallery集shu-




a0259958_22211395.jpg



5月25日 日曜日。
心地いい風が、古空間をすり抜けてゆきます。
毎月一度のお茶遊び会。

【風】  

をイメージした室礼となりました。


目に、肌に、
風を感じる茶遊びとなりました。


お庭のお花を工藤さんの花器に。


a0259958_22213165.jpg


黄粉引花器


a0259958_2221448.jpg


白樺ホワイト花器


西陽を浴びて、夕方には芍薬の花が咲いてきました。

a0259958_22215919.jpg





会期中 6月3日(火)・4日(水)・5日(木)には、
工藤和彦さんも会場にいらっしゃいます。
*3日は、午後3:00以降に到着。


【風と大地の器】展

工藤和彦(くどうかずひこ)個展

5/31(土)~6/8(日)まで
AM11:00~PM6:00 無休

会場:古民家ギャラリーWEARCH
    
    〒672-1226 姫路市網干区高田297

    *JR網干駅(新快速停車)南口から徒歩約5分


◆2012年の個展風景  http://gshu8.exblog.jp/15402418/

◆工藤和彦ホームページ http://kazuhiko-kudo.com/



   風を感じに・・・・ぜひ、お越しくださいませ。
[PR]
by gshu-gwearch8 | 2014-05-28 22:08