art-life wearch cafe

大平 和正 展


【古民家ギャラリーWEARCHの造化、そして巨大球体へ】




a0259958_7545676.jpg





大平和正先生の、造化展が始まります。

築150年のこの古い田舎家。

先生のスピリッツ溢れる、美しい造形作品が、

古空間をどのように様変わりさせてくれるのか・・・・・

【気】を生み出し、エネルギー溢れる、展覧です。



a0259958_759856.jpg



a0259958_7592515.jpg



a0259958_7595693.jpg




2001年、伊賀入道谷で行われた野外プロジェクト。

『風還元(1991~2001)』

一人の作家が行う個展としては、壮大なスケールだ。
伊賀の自然そのものを大きな美術館として、造形作品を配し、
自然、風土、時間との一体化を表現した展覧は、
見る者を圧倒した。

その前々年に開催された、名古屋の加藤邸での造化展も然り。

造形と空間の関係性に拘り続ける大平氏の、
創造のスケールの大きさに魅了される。

無限の自然から、茶室という狭小空間に於いての宇宙の広がりへと、
その創造のパイは進化し続け、
遂に環境造形としての茶室『風気庵』を完成させた。

そして、その想いは『球体』というカタチに表現され、
来年2013年に実現化を見据えた、3.8mの巨大球体プロジェクトを始動開始。
‘野焼きによる巨大球体の出現’というこのプロジェクトは、
一般の方々の協賛支援だけで行うという、
大平氏の夢に大きく共感した。

セルフビルドで再興した築150年のこの古民家で、
作品と空間が新たに生み出す【気】がエネルギーとなり、
巨大球体プロジェクトへと繋がっていくことを願って、
展覧を開催致します。


  gallery集shu- Tanina





a0259958_8144964.jpg



造化のこころにしたがって、
その根源的な自然の姿である

【いのちのかたち】

を求める、独自の理念。


それは、日本の風土に根ざした

【大地=土 からカタチを立ち上げる】

という視点に立って

【造形と場、時間、命】

等、その関係の一体から立ち現れる環境造化

【気の生まれる時間】

を、創出する。



私は古い礎石が好きだ。

とりわけ野に残るそれがいい。

今は一木一草の如く
自然と融けあってあり続ける
ただの石塊。

みていると時を忘れる。

空を、大地を、風を・・・・・・・そして

命を感じる。



  伊賀:造形家 大平和正


大平和正 公式ホームページ
http://ohirakazumasa.web.fc2.com/





大平和正 展  Ohira Kazumasa

【古民家ギャラリーWEARCHの造化 そして巨大球体へ】


2012.9.8(土)~9.16(日)
am11:00~pm6:00

作家在廊:9/9(日)、9/15(土)
講演&ギャラリートーク 9/15 pm2:00~

【会場】 〒671-1226 姫路市網干区高田297
      古民家ギャラリーWEARCH(ウィアーチ)
【連絡先】 Tel;090-1480-4270(ギャラリー・シュウ タニナ)
【企画】   gallery集shu-

*造化展によるインスタレーション他、小作品も別途ご覧いただけます。







     
[PR]
by gshu-gwearch8 | 2012-09-06 08:31